昭和演歌 他人船 三船和子

遠藤実さん作詞作曲の渾身の一曲、三船和子歌唱の「他人船」

悲しい女の物語が切ない旋律を際立たせた。男への恋情が、風と銅鑼の音に消される「他人船」。ええ歌でっせ。どうぞ~。

別れてくれと言う前に、死ねよと言って欲しかった。あ~~こわー。そんなん言われたらたまらんで~。いやいや思いっきり困るで。あぁああこの黒髪の先までも、あなたを愛しているものを~♪

そんなに好きなの、はいはい、よしよし、よしよしでは済まんで~。

引き離す引き離す他人船~♪

あーそうか、男は島から都会へ帰るんや。もう一、船が出るんか。ああほ、女の一途さ。もう一泊ぐらいしたりいな。

あかんか仕事か。

別れの桟橋で泣いた女。よほどの事情でっしゃろなぁ。かわいそうに。ひょっとしたら子供もいるんか?

指切りの指までも、あなたを愛しています。

あ~大概逃げるで。わしも逃げるで~。

歌詞はここから見てちょうだい。

しかしそんな演歌が大ヒット。悲しすぎて世間の人たちは涙がちょちょ切れたんです。

その後、その女の人はどうなったかは知りません。恐らく、想像するに、幸せにはなれなかったと思います。しかし、この演歌を歌唱した三船和子は、このヒットのおかげで幸せになりました、とさ。チャンチャン♪

三船和子「他人船」や「だんな様」のヒットで知られる。本名は緒方一子(おがた かずこ))。「他人船」1966年にかけてヒット、売上は10万枚を超えた。その後「だんな様」オリコンチャート最高位87位。売上50万枚を記録。1995年第46回NHK紅白歌合戦』に出場。ウィキペディアより抜粋。

 

大分本格麦焼酎  噂ではごっつーうまいそうでっせ。

世界の酒が飲める。

2018年7月8日 昭和演歌 他人船 三船和子 はコメントを受け付けていません。 昭和演歌