昭和演歌 旅の終わりに 冠二郎

ジャンじやーん。昭和を生きた、関西のおやじの登場です。

そんなオヤジが選りすぐりの昭和もの。

ど演歌、酒、珍味などなど、昭和の匂いプンプンのサイトです。

では、男が歌う男の昭和演歌。

まず演歌、トップバッターは、この名作「旅の終わりに」ですわ。

作家五木寛之が書き下ろした長編小説「海峡物語」の主題歌。

五木寛之作詞の昭和演歌の名曲中の名曲「旅の終わり」ですじゃ。

 

「艶歌の竜」と高名をはせながら世を捨てた老プロデューサー高円寺竜三の復活、をテーマにしたテレビドラマ。

高円寺竜三を芦田伸介が演じ、久世光彦の演出などヒットの要素を引っさげてオンエアー。

視聴率の話など、このオヤジには知る由はないが、主題歌の「旅の終わり」は、五木寛之の作詞ということでスマッシュヒット。

冠次郎が、この曲で一気に世に出た。

歌詞はこちらを見てちょうだい

流れ、流れて、さすらう旅は ♪

から始まるど演歌。このフレーズだけで東北、あるいは北海道を感じる。

日本語を心から愛する五木寛之さんらしい。かっこええでー。

なんの事情かは知らないが、この歌の主人公は。重い人生を抱えているようだ。

コートの襟を立て、くわえタバコで港を見ている。

肩に冷たい夜の雨 ♪

男って感じやけど、ちょい女々しいでー。

こんな夜更けはお酒を買ってー。渡哲也の「みちづれ」みたいにならんのかよー。

あー寂し。

1977年に自らも出演したテレビ朝日ドラマ『海峡物語』(1977年4月7日 – 9月29日)主題歌「旅の終りに」(作詞:立原岬=五木寛之 作曲:菊池俊輔)が念願のヒットを飛ばす。その後なかず飛ばず。が、1992年に発売した「炎」(作詞:三浦康照、作曲:和田香苗)のリリースにより、「アイ、アイ、アイライク演歌」の一節が、脚光を浴び「演歌」のイメージを変え、若者の支持も受けるようになる。

そして、ラストの旅の終わり。歌う~故郷の子守唄~。

ええでー。飲み過ぎるデー。

ハハハ、今日は以上。おじゃまさん。さいなら

今夜はフグで一杯。ええでー。

ええ酒や。こちらも推薦です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月30日 昭和演歌 旅の終わりに 冠二郎 はコメントを受け付けていません。 昭和演歌